フロン排出抑制法について

更新日:

平成27年4月1日にフロン排出抑制法が施行されました。この法律により私たちのようなエアコン業者にはどういった影響があるのでしょうか?

フロン排出抑制法でこうなる!

業務用エアコンの簡易点検、定期点検が必要になります。

第一種特定製品(業務用エアコン等)を所有しているユーザーは日常的に簡易点検を実施する必要があり、簡易点検によってフロンガスの漏れや故障があったときには専門点検を実施しなければなりません。さらに一定能力以上の機器については専門的な定期点検を実施する必要があります。そして、この専門点検・定期点検を私たちのようなエアコン業者が担うことになります。

ただし、定期点検には「十分な知見を有する者」、いわゆる「冷媒フロン類取扱技術者」等の資格が必要となりますのでご注意を。

■定期点検の実施について
コンプレッサー定格出力定期点検頻度
7.5kW以上50.0kW未満3年に1回以上
50.0kW以上1年にに1回以上

第一種特定製品とは

業務用エアコンまたは冷凍冷蔵機器であって、冷媒としてフロンガスが充填されているものです。店舗事務所用のエアコンやビル・工場用のエアコン、冷蔵庫や冷凍庫があげられます。

繰り返し充填が禁止

点検時にフロンガスの漏れがあったとしても、修理が完全に終了するまではフロンガスの充填は出来ません。当然ですが、R32のような単一ガスでもとりあえず再充填といったことは出来なくなります。違反した場合は都道府県知事による罰則規定の運用を受けることになります。

フロンを回収・充填するには資格が必要です。

エアコンのフロンガスを回収・充填するには十分な知見を有するものが行う必要があります。例えば冷媒フロン類取扱技術者などの資格を持っている人です。

専門点検・定期点検について

専門点検・定期点検にはフロン類の性状及び取扱いの方法エアコンの構造並びに運転方法について十分な知見を有する者が、検査を自ら行い又は検査に立ち会うこととされ、専門点検・定期点検の基準は次のようなものになります。

■定期点検の実施について
点検の種類基準の内容
専門点検直接法、間接法又はこれらを組み合わせた方法による検査
定期点検異常音の有無についての検査
外観の損傷、摩耗、腐食及びさびその他の劣化、油漏れ並びに熱交換器への霜の付着の有無についての目視による検査
直接法、間接法又はこれらを組み合わせた方法による検査

直接法、間接法又はこれらを組み合わせた方法として、まずは間接法を実施しガス漏れの疑いがある系統については、直接法にて漏えい個所を特定する方法が推奨されています。

間接法

蒸発器の圧力、圧縮器を駆動する電動機の電圧又は電流その他エアコンの状態を把握するために必要なものを計測し、計測結果が定期的に計測して得られた値と比較し異常がないことを確認する方法です。

直接法

リークテスターでの点検、発泡液の吹きかけ、蛍光剤を用いてガス漏れを検知する方法です。

エアコン屋さんが準備すること

まずは定期点検を実施する十分な知見を有する者、いわゆる「冷媒フロン類取扱技術者」の資格を持っているかです。また取得していないなら早めに取得しましょう。そして資格を持っているなら、点検に必要な工具を準備することです。リークテスターや蛍光剤、発砲スプレーから始まり、ガス回収機やガスボンベも必要になってきます。

法律自体も複雑で、ユーザーや私たちのようなエアコン屋さんも準備することが沢山あります。点検・修理の依頼が来てから慌てないように今からしっかりと準備しておきましょう。

-フロン排出抑制法
-,

Copyright© エアコン屋のおすすめ工具 , 2019 All Rights Reserved.