フレアツールの選び方

更新日:

エアコン取付におけるフレアツールですが、スタンダードなものからラチェット式、電動式など各メーカーから様々なタイプが発売されています。

ここでは、それぞれのタイプの説明とともに、オススメのフレアツールをご紹介していきたいと思います。

フレアツールの基本的機能について

近年販売されている製品は、ほとんど全てが偏心式コーン、過負荷防止クラッチの機能が付いていて、対応するフロンガスもR410A、R32の新冷媒対応となっています。

偏心コーン

コーンの先端はいつも中心に位置し、コーンが偏心して回転し、銅管をひろげていくため、楽にむらのない均一なフレアが出来ます。

過負荷防止クラッチ

フレアが完成するとハンドルが空回りしコーンがそれ以上進まず、回しすぎや回し足らずが原因の不良フレアを作りません。

手動タイプ

現在販売されているフレアツールは標準的な製品でも偏心コーン、過負荷防止クラッチがついています。それほどフレア加工をする機会がなければ標準的なものでも十分ですが、年中エアコンの取付を行っている方にはこれから紹介するフレアツールを使われた方が幸せな作業時間を過ごすことが出来ます。

前提としてアルミ製軽量型であること

手動タイプであれば、まずはアルミ製であることが前提です。

通常のフレアツールは以外と重いのですが、アルミ製のフレアツールはその半分程度の重さになります。

軽さはそれだけで正義です。作業性も携帯性も抜群に向上します。

本記事では、まずアルミ製であることを前提として、フレアツールを選んでいきたいと思います。

注意ポイント

アルミ製のフレアツールはクランプバーが基本的に3穴(2分、3分、4分)なので、ルームエアコン限定なのが注意です。

クイックハンドル式 もしくは ラチェットハンドル式

クイックハンドル式とは、一体型のハンドルを上下に動かす事により右回り(加工)左回り(もどす)を切り替えながらフレア加工出来ます。

ラチェットハンドル式とは、付属のハンドルを左右に動かすだけでフレア加工が出来ます。

いずれもラチェットアクションの為、場所もとらず手首の疲れも少なくなり、スムーズな加工作業ができます。

おすすめの手動フレアツール

アルミ製であって、クイックハンドル式もしくはラチェットハンドル式である程度絞り込まれてきますが、その中でおすすめなのがBBKの超軽量型ラチェット式フレアツール 700-RPAです。

こちらの700-RPAはクイックハンドル式であり、もちろんアルミ製になります。

それだけでなく作業効率を上げる仕組みや不良フレアを防止する仕組みも備わっていて、ぜひ使って欲しいフレアツールになります。

位置決めが簡単

スライド式プランジャー位置決め構造という仕組みの採用によって、本体の固定決めが簡単になりました。

従来の製品は目視でマークのある場所に合わせる構造でしたが、この構造はスライドした際に適切な位置で止まるようになっています。

作業効率的にもひと手間減らすことができ、間違ったところで位置決めして不良フレアを作るという事もなくなりますね。

ツラ出しアタッチメント装備

クランプバーには、銅管の面出しを一定にするアタッチメントが装備されており、だれでも、いつでも正確なフレア加工が可能となっています。

これも作業効率と確実性を上げる仕組みの1つですね。

軽さと便利さを体感してください

同じ空調機器メーカーのタスコでもアルミ製のフレアツールを販売してますが、アルミ製のフレアツールに関してはBBKの方が上手をいっているような気がします。

ぜひ、この700-RPAで軽さと便利さを体感してください!

BBKテクノロジーズ 超軽量フレアツール プランジャー内蔵・ラチェットタイプ 700-RPA

created by Rinker

充電ドリルドライバー対応タイプ

フレアツールで大変なのは加工する時に回すハンドルが重いことです。このハンドルを回す負担を電動ドライバーで行うフレアツールも各メーカーから販売されています。

その中でもおすすめなのがBBKの超軽量フレアツール 700-DPCです。

こちらは手動フレアツールでもおすすめした700-RPA同様にスライド式プランジャー位置決め構造やツラ出しアタッチメントを装備していて、大変なハンドル回しは充電ドライバーで行うという、いいとこどりのフレアツールになります。

一日に何台もエアコンを取付される方にとって、少しでも負担を軽減できるフレアツールになっています!

BBK 超軽量フレアツール 700-DPC

created by Rinker

注意ポイント

こちらのフレアツールは充電ドリルドライバー専用となっています。インパクトドライバーではツールの寿命を縮める恐れがあるますのでご注意ください。

インパクトドライバー対応タイプ

エアコン屋さんが使っているのはドリルドライバーよりインパクトドライバーを使っている方の方が多いかもしれません。

そんなインパクトドライバーを使っているエアコン屋さんにはインパクトドライバー対応のフレアツールをおすすめします。

各部品がインパクトの衝撃に耐えられるように作られており、また回し過ぎ防止のクラッチだけでなく、戻し過ぎ防止のクラッチも内蔵されています。

これで普段使っているインパクトドライバーを使ってフレアを作ることが出来ますね。

タスコ インパクトドライバー対応フレアツール TA550C

created by Rinker

電動タイプ

一番のおすすめなのが、この電動タイプです。私はこの電動フレアツールを使い始めて随分と楽になりました。どうしても手動でのフレア加工が億劫で、仕事の効率的にもそうなんですが精神的に随分と助けられた感じがします(笑)

なかでもREXとBBKの電動フレアツールがおすすめですね。クランプが2分用、3分用とそれぞれのサイズごとに分かれている点がポイントです。まずクランプだけを冷媒管にセットしてから、クランプを本体にセットしてフレア加工を行うので狭い場所でも作業性がとてもよくなります。

またクランプにはストッパーが付いていて、冷媒管を差し込むと一定の場所で止まるようになっています。誰でも同じようにフレアを作れることもポイントの1つです。

REX コードレスフレアツール RF20S

created by Rinker

-フレアツール
-

Copyright© エアコン屋のおすすめ工具 , 2019 All Rights Reserved.