ガス漏れ”0”を目指して!おすすめトルクレンチ

投稿日:

皆さん、エアコンのフレア締め付けは何の工具を使って行っていますか?

トルクレンチを使わずに普通のモンキーレンチ等で締め付けを行う場合、締め付けの力加減というものは、経験だけが頼りです。

締め付けが弱いとガス漏れが起こるは当然ですが、強すぎてもフレアが壊れてガスが漏れてしまいます。最悪の場合は冷媒管がすっぽ抜けてしまうこともあります。

ガス漏れ”0”を目指すにはトルクレンチを使って正しいトルク管理をする必要がります。

トルクレンチの必要性

R410A・R32の新冷媒になってからは圧力がR22の約1.5倍になっており、トルク管理をしっかりしないと締め付け不足、フレア破損によるガス漏れが起きやすくなっています。

R32に至っては可燃性のガスということもあり、重大な事故につながる恐れもあります。だからトルクレンチを使ってしっかりと締め付けを行う必要があります。

おすすめトルクレンチ

おすすめと謳うからには、ただ単純にトルク管理をするだけではない作業性についても優れた工具を紹介したいと思います。

BBK ラチェットトルクレンチセットRTQS-41

今、一番のおすすめトルクレンチはBBKのラチェットトルクレンチです。

通常のトルクレンチは締め付けていくとどうしてもレンチを掛け直さなければなりません。しかし、このレンチはラチェット式なので締め終わるまで掛け直す必要がなくとても便利です。

また、通常のトルクレンチは掛け直す時の角度が60度に対して、ラチェットトルクレンチは戻り角が30度なので、狭い場所でふり幅が無い所でも大変重宝します。

BBK トルクレンチ RTQレンチ4本セット RTQS-41 ナットサイズ:1/4、3/8、1/2、5/8

created by Rinker

トルクレンチ受け側

きちんとした締め付けをするためにはトルクレンチが必要ですが、トルクレンチだけではなく受け側の方もしっかりと固定し、2丁掛けで締め付けなければなりません。

しかし、受け側の方は各メーカーによりサイズが違い、それぞれのメーカーのサイズを覚えることも、それごとにスパナを変えるのも面倒です。

そこで、受け側を固定する工具にもこだわりを持ちたいです。

モンキーレンチ

モンキーレンチは多少高くても良い物を準備した方が幸せになれます。おすすめなのがTOP工業のハイパーモンキZEROです。私は200mmサイズのHM-32がちょうどいいです。

なによりもガタが少なく、ヘッドが小さいのがいいですね。

また、口開きサイズが他の同サイズのモンキーに比べて広く、アゴの出っ張りが無いのもポイントです。

TOP工業 ハイパーモンキZERO HM-32

created by Rinker

トルクレンチ受け側レンチ

各メーカーごとに違う受け側ユニオン部を1本で対応できるエアコン専用の工具もあります。

BBKのルームエアコン用フィックスレンチ FW-2479です。

業界初のトルクレンチ受け側専用レンチとして発売され、2分3分の冷媒管を使うルームエアコンで受け側のサイズが12、14、17、19mmの4サイズに対応します。

量販店など、現場ごとに違うメーカーを取付されるエアコン屋さんに最適なレンチですね。

BBK トルクレンチ フィックスレンチ FW-2479

created by Rinker

トルクレンチの使い方にも注意

私はエアコン修理に行くこともあります。

ガス漏れの修理の時には、施工された工事店さんが「トルクレンチを使っていたのにガスが漏れた!」と言っていることもありますが、いくらトルクレンチを使っていたとしても使い方を間違っていればガスが漏れてしまいます。

一番の注意点はトルクレンチがナットに対してまっすぐに掛けているか?です。斜めに掛けてしまっていると適正にトルク管理が出来ません。

特に高所での作業の場合は足場も不安定になりますので特に注意して行ってください。

1回、”カチッ“っとなっただけでなく、何回か”カチッ“となるまで締め付けるといいかもしれませんね。

-取付工具
-, , , ,

Copyright© エアコン屋のおすすめ工具 , 2019 All Rights Reserved.